ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 5600]

ハードディスクを交換する方法(HD-QSU2/R5シリーズ)

  • 公開 2011年2月1日 15時51分
  • 更新 2014年2月25日 9時37分
ハードディスクを交換する方法(HD-QSU2/R5シリーズ)

 内蔵ハードディスク交換の際は、以下の点にご注意ください。

  • 交換を行う前に、交換用ハードディスクのジャンパを「MASTER」または「SINGLE」に設定してください。
    ジャンパスイッチ設定は交換用ハードディスクの取扱説明書を参照してください。
  • 故障した内蔵ハードディスク以外は交換しないでください。
  • 内蔵ハードでディスクが同時に複数故障した場合、1台ずつ交換作業を行ってください。
  • 交換用ハードディスクは当社の「HD-HQFBシリーズ」を用意してください。
  1. パソコン→周辺機器の順に電源をOFFにして、ケーブル類をすべて取り外します。
    本製品を安定した場所に置いてください。
  2. フロントパネルは、下の2箇所をフックで固定されています。フックを上げて取り外してください。
    Image

  3. ハードディスクに取り付けてあるフラットケーブルを4つとも取り外します。
     Image

  4. ハードディスクに取り付けてある電源ケーブルを4つとも外します。
     Image

  5. 交換するハードディスクを固定しているネジを取り外します。
     Image

  6. 本製品から交換するハードディスクを引き出します。
     Image

  7. 金具に取り付けているネジ(2箇所)を取り外します。
     Image

  8. 新しいハードディスクに交換して、金具をとりつけます。

    交換用ハードディスクのジャンパ設定をしていない場合は、交換用ハードディスクのジャンパを
    「MASTER」または「SINGLE」に設定してください。

  9. 交換したハードディスクを本製品に装着します。

  10. 交換したハードディスクをネジで固定します。
     
  11. 以下の順番で、ハードディスクに電源ケーブルをとりつけます。
     Image

  12. ハードディスクにフラットケーブルをとりつけます。
    フラットケーブルには、あらかじめドライブが割り当てられています。ケーブルの長さにあわせて順番にとりつけてください。
    Image

  13. フロントパネルをとりつけます。

  14. 電源ケーブルを接続し、本製品の電源をONにします。
     RAID5 モード/RAID1モードでお使いになっていた場合、電源をONにすると交換したハードディスクのアクセスランプが赤色に点滅しリビルドが始まります。リビルドが完了(アクセスランプが消灯)するまでお待ちください。
    リビルド中はハードディスクの電源をOFFにしないでください。

  15. 本製品をパソコンに接続します。
    以上で、ハードディスクの交換は完了です。
  •  RAID5 モード /RAID1モードでお使いになっていた場合
    必要な手順はございません。本製品は、そのままご使用できます。
  •  RAID0モード /スパニングモードでお使いになっていた場合
    RAIDを再構築する必要があります。RAIDを再構築する方法はこちら
  • 通常モードでお使いになっていた場合
    交換したハードディスクをフォーマット(初期化)する必要があります。
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる