ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 7150]

バックアップログの読み方と対策について

  • 公開 2011年2月7日 15時2分
  • 更新 2016年11月16日 9時43分

バックアップログの読み方と対策について

バックアップログの読み方とバックアップエラー発生時の対策について説明します。

LS500シリーズ

■システムログを表示する

  1. 設定画面でimage[環境設定] をクリックします。

    image

  2. [システムログ] をクリックします。
    image
  3. 左ペインの [バックアップログ] をクリックすると確認できます。
    image

■バックアップログの読み方

(ログの書式)

[日付] [時刻] [バックアップタスク名] starts to backup

[日付] [時刻] [バックアップタスク名] success

(ログ表示例)

2015-04-01 00.25.26: Immediate Job starts to backup

2015-04-01 00.25.27: Immediate Job backup success

2015-04-01 01.23.26: Immediate Job starts to backup

2015-04-01 01.23.28: Immediate Job backup success

>TOPへ戻る

そのほかの TeraStation・LinkStation

■バックアップログの読み方

-------- BEGIN BACKUP 2010/12/16 18:05:44*1 array1/share*2 -> TS-XHL123@usbdisk1*3 --------
building file list ...
174*4 files to consider
created directory /mnt/usbdisk1/_backups
./

~バックアップの実行リストが表示されます~

sent 24057*5 bytes received 3340*6 bytes 18264.67*7 bytes/sec
total size is 14847*8 speedup is 0.54*9
-------- END BACKUP 2010/12/16 18:05:45*10 array1/shrare*2 -> TS-XHL123@usbdisk1*3 --------

*1 バックアップ開始時間
*2 バックアップ元共有フォルダー
*3 バックアップ先共有フォルダー
*4 バックアップ対象ファイル数
*5 転送バイト数
バックアップ元からバックアップ先に対して送られた情報量です。転送された総容量に加え、バックアップ機能を制御するための情報が含まれます。
*6 受信バイト数
バックアップ先からバックアップ元に対して送られた情報量です。転送された総容量に加え、バックアップ機能を制御するための情報が含まれます。
*7 平均転送速度
バックアップ機能でバックアップ元から転送した1秒間の平均容量です。
*8 転送された総容量
バックアップ機能でバックアップ元のデータが転送した総容量です。
*9 転送効率
転送された総容量÷(転送バイト数+受信バイト数)で算出されます。
*10 バックアップ終了時間

■バックアップエラー発生時の対策

バックアップでエラーが発生した場合バックアップログ内を"error"や"code"で検索してエラー内容を確認してください。
以下エラーコード別の原因と対策です。
エラー
コード
原因 対策 表示例
code 5 バックアップ先共有フォルダーが見つかりません。 バックアップ先共有フォルダーの存在を確認して、バックアップタスクを再設定します。 rsync error: error starting client-server protocol (code 5) at main.c(1504)
code 12 バックアップ先との通信ができません。 バックアップ経路に異常がないか確認して、バックアップタスクを再設定します。 rsync error: error in rsync protocol data stream (code 12) at io.c(515)
code 20 TeraStationの設定変更などでバックアップ処理が強制終了されました。 バックアップ中にTeraStationの設定を変更すしないよう運用します。 rsync error: received SIGINT, SIGTERM, or SIGHUP (code 20) at rsync.c(242)
code 23 コピーできないフォルダー/ファイルが存在する。 バックアップ元のフォルダー名・ファイル名が不正なものを修正します。バックアップ先がFAT32の場合1ファイル4GB以上のファイルはコピーできません。 rsync error: some files could not be transferred (code 23) at main.c(702)
code 24 バックアップ開始時のフォルダー/ファイル一覧とバックアップ中のフォルダー/ファイル一覧が異なります。 バックアップ中にファイルの編集を行わないように運用します。 rsync warning: some files vanished before they could be transferred (code 24) at main.c

>TOPへ戻る

  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる