ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 828]

新しく購入したWindows 7/Vistaパソコンを現在使用している無線親機に無線接続する方法

  • 公開 2010年8月19日 17時23分
  • 更新 2011年8月10日 16時41分
 
【詳細】
現在、Windows XP/2000/Me/98で無線親機に無線接続しています。
新しいWindows 7/Vistaパソコンを購入したのですが、Windows 7/Vistaパソコンから
無線接続する方法を教えてください。
新しく購入したWindows 7/Vistaパソコンを現在使用している無線親機に
無線接続する場合の手順を案内します。

 ※以下製品をご利用の場合は、こちらをクリックし、
  表示されるQ&Aの内容で無線接続を行ってください。

・DWR-HP-G300NH
・WHR-AM54G54、WHR-AMG54、WHR-AMPG
・WHR-G、WHR-G54S、WHR-G300N
・WHR-HP-AMPG、WHR-HP-G、WHR-HP-G300N、WHR-HP-G54、WHR-HP-GN
・WZR-AMPG144NH、WZR-AMPG300NH、WZR-AGL300NH、WZR-HP-G300NH
・WZR-G144N、WZR-G144NH、WZR2-G300N、WZR2-G300NM

  
ご利用の無線LAN機器によって手順が異なります。 無線LAN内蔵(搭載)パソコンをご利用の場合 バッファロー製無線子機をご利用の場合 ※ご利用パソコンが無線LAN内蔵かどうかは、ご利用のパソコンメーカーに  お問い合わせください。 以上
バッファロー製無線子機の場合
Windows 7/Vistaパソコンでバッファロー製無線子機を使用し、 無線接続するには、以下【手順】で設定を行います。
  下記の流れで設定を進めます。

  ●手順1:使用するバッファロー製無線子機が
       Windows 7/Vistaに対応しているか確認します。

  ●手順2:無線子機のドライバーとクライアントマネージャVを
       ダウンロードし、インストールします。

  ●手順3:パソコンのセキュリティーソフト、ファイアウォール機能を
       無効にします。

  ●手順4:接続する無線親機の接続状態を確認します。

  ●手順5:無線親機に無線接続します。

  詳しい手順は、以下をご覧ください。

●手順1:使用するバッファロー製無線子機がWindows 7/Vistaに      対応しているか確認します。  Windows 7/Vistaパソコンで使用する無線子機がWindows 7/Vistaに  対応しているか確認します。  Windows 7/Vistaへの対応状況は、以下ページをご覧ください。  ◇Windows Vista(32bit)対応一覧  ◇Windows 7(32bit)対応一覧  ◇Windows 7(64bit)対応一覧  ◇無線子機 製品情報   ※無線子機の製品情報ページにてWindows 7/Vista対応情報が    ない場合、上記の各OS対応一覧ページをご確認ください。 ●手順2:無線子機のドライバーとクライアントマネージャVを      ダウンロードし、インストールします。  ・ドライバーとクライアントマネージャVはエアナビゲータ(エアナビゲータライト)に   収録されています。   ホームページよりエアナビゲータライトをダウンロードしてご利用ください。   ダウンロード方法は以下の手順になります。  ※お手元にバッファロー無線製品添付のエアナビゲータCD Ver12.01以降があれば、   無線子機の機種によっては、無線子機のドライバー、   クライアントマネージャVのインストールができます。   (ダウンロードの必要はありません。)   エアナビゲータCDVer12.01が複数枚ある場合、最新バージョンのCDをご利用ください。  1.一時的に無線親機のLANポート(1~4ポートいずれか)とパソコンの    LANポートをLANケーブルで接続します。  2.LANケーブルを接続してから、パソコンを起動します。    すでにパソコンが起動している場合、LANケーブルを接続したのち、    パソコンを再起動します。  3.パソコン起動後、InternetExplorerなどWebブラウザー画面をダブルクリックで    立ち上げ、インターネットに接続できるか調べます。  4.インターネットできれば、以下ページにアクセスし、エアナビゲータライト    ダウンロードページを開きます。    ※エアナビゲータライトダウンロードページは、【こちら】  5.最新バージョンのエアナビゲータライト(Ver.12.01以降)をダウンロードします。    ダウンロードするエアナビゲータライト(最新バージョン)の項目をクリックし、    表示される画面のダウンロードボタン(オレンジ色の[DOWNLOAD]ボタン)を    クリックします。  6.ファイルのダウンロード画面が表示されます。    画面の[保存]ボタンをクリックします。  7.保存する場所を指定する画面が表示されます。    保存場所としてパソコンのデスクトップなどを指定し、[保存]ボタンを    クリックします。    ※ファイルを保存した場所を忘れないようご注意ください。  8.ファイルのダウンロードが始まりますのでダウンロードが完了するまで    しばらくお待ちください。  9.ダウンロード完了後、ダウンロードページを閉じます。  10.パソコンと無線親機を接続したLANケーブルを取り外します。  11.ファイルをダウンロードした場所(デスクトップなど)を開き、ダウンロードした    ファイル(airnavilite-****.exe)をダブルクリックします。    ファイルはダブルクリックすれば、自動的に解凍されます。    ※ファイルをダブルクリックした後、続行画面が表示されたら、[実行]ボタンを     クリックします。    ※ダウンロードしたエアナビゲータライトのファイル名(airnavilite-****.exe)の     ****にはバージョンの数字が入ります。  12.解凍完了後、自動的にエアナビゲータ画面が表示されます。    ※自動的にエアナビゲータ画面が表示されなかった場合、     以下手順でエアナビゲータ画面を表示させます。    1)解凍したエアナビゲータのフォルダー(エアナビ****)をダブルクリックで      開きます。    2)フォルダー内の[AirNavi(.exe)]をダブルクリックします。    3)エアナビゲータ画面が表示されます。  13.[オプション]をクリックし、[上級者向けインストール]を選択します。  14.[エアステーション無線子機ドライバ]と[クライアントマネージャV]にチェックを入れ、    [インストール開始]をクリックします。  15.画面に従いインストールを行います。 ●手順3:パソコンのセキュリティーソフト、ファイアウォール機能を      無効にします。  パソコンにインストールされているセキュリティーソフトやファイアウォール  機能搭載ソフトを一旦無効/停止にします。  パソコンのセキュリティーソフトやファイアウォールが動作していると  そのソフトの影響で、AOSS接続に失敗することがあります。  そのため、セキュリティーソフトを一時的に無効/停止にした状態で  無線接続を行ってください。  【参考Q&A】セキュリティーソフトの設定変更方法  セキュリティーソフトの停止方法など、詳細はソフトメーカーに  お問い合わせください。 ●手順4:接続する無線親機の接続状況を確認します。  ご利用の無線親機がAOSSに対応かどうか、AOSSで接続しているかどうかで  接続方法が異なります。  1)ご利用製品がAOSS対応かどうかは、以下Q&Aで確認できます。  2)AOSSに対応した製品の場合、3)の手順に進みます。    AOSSに対応していない製品の場合、4)の手順に進みます。  3)AOSSで接続しているか確認します。    確認方法は、以下Q&Aをご覧ください。   【参考Q&A】無線親機がAOSSで接続されているか確認する方法    ・AOSSで接続している製品の場合、☆手順5-1 に進みます。    ・AOSSで接続していない製品の場合、☆手順5-2 に進みます。    ※無線親機本体にAOSSランプが搭載されている製品の場合、     無線親機本体のAOSSランプの状態でAOSS接続しているか確認できます。     ☆オレンジ色で点灯している場合、AOSSで接続しています。      AOSSランプ             ※画像は、WZR-RS-G54のAOSSランプの写真です。             ※製品によってランプの位置が異なります。      → ☆手順5-1 に進みます。     ☆消灯している場合、AOSSでは接続していません。      → ☆手順5-2 に進みます。  4)AOSSに対応していない製品の場合、☆手順5-2 に進みます。 ●手順5:無線親機に無線接続します。  ☆手順5-1:AOSSで接続している場合   無線親機本体のAOSSボタンとクライアントマネージャVの   AOSSボタンを押して、AOSSで無線接続します。   具体的な手順は、以下【参考Q&A】をご覧ください。   【参考Q&A】AOSSで無線接続する方法≪クライアントマネージャV使用時≫
  !!AOSS途中、エラーメッセージが表示され、無線接続できない場合!!

   以下確認を行ったあと、エラーメッセージの画面を閉じ、
   再度AOSS接続を行ってください。

   ・無線親機と無線パソコンの距離を近づける。

   ・パソコンにインストールされているセキュリティーソフトを
    完全に無効にするか、一時的にアンインストールする。

   ・無線親機と無線接続するパソコンが有線LANケーブルで
    接続されている場合、その接続しているLANケーブルを外す。

   ・無線親機の無線チャンネルの値を変更する。
    【参考Q&A】無線チャンネルの変更方法

以上で設定完了です。 TOPへ戻る  ☆手順5-2:AOSSで接続していない場合   1)無線親機本体のSSIDと暗号化設定の有無、暗号化キーを     確認します。    ●SSIDについて     SSIDの工場出荷時設定値は以下【参考Q&A】で確認できます。     【参考Q&A】SSIDの工場出荷時設定値(初期値)について     ※SSIDをお客様自身で変更された場合、その変更されたSSIDを確認して      おきます。    ●暗号化設定と暗号化キーについて     はじめて設定している場合(工場出荷時)、暗号化設定はされていません。     一度でも無線親機の設定を行い、手動で暗号化設定した場合、     設定した暗号化キーを確認しておきます。     手動設定の場合、暗号化は、お客様自身で設定された値になります。   2)接続する無線親機のSSIDと暗号化設定、暗号化キーがわかりましたら     以下【参考Q&A】の手順で無線接続を行ないます。    【参考Q&A】ESSID(SSID)を自動検出して無線接続する方法
  !!無線接続できない場合!!
      
   以下確認を行ったあと、再度上記【参考Q&A】の手順で
   無線接続を行ってください。

   ・無線親機と無線パソコンの距離を近づける。

   ・パソコンにインストールされているセキュリティーソフトを
    完全に無効にするか、一時的にアンインストールする。

   ・無線親機の無線チャンネルの値を変更する。
    【参考Q&A】無線チャンネルの変更方法

以上で設定完了です。 TOPへ戻る
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる