ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 884]

プリントサーバーのIPアドレスを手動で設定する方法【プリントサーバー全般】

  • 公開 2010年8月20日 13時27分
  • 更新 2013年9月26日 16時13分


 プリントサーバーのIPアドレスを手動で設定する方法【プリントサーバー全般】


以下の手順で設定を行います。
ご利用の製品名をクリックし手順を確認してください。

● BPV-PD-TX1
● LPV-T1、LPV-TX、LPV-TX1
● LPV-WL11、LPV-WL11G
● LPV2-T1、LPV2-TX1、LPV2-TX3P
● LPV2-USB-TX1
● LPV2-WL11G
● LPV2-WS11GC
● LPV3-U2シリーズ
● LPV3-TX1シリーズ
● LPV4-TX1
● LPV4-U2-300S


● LPV3-U2シリーズ、BPV-PD-TX1
 1.[スタート]-[(すべての)プログラム]-[BUFFALO]-[LPV3マネージャ]-    [LPV3マネージャ]をクリックします。    LPV3マネージャを起動  2.検索されたプリントサーバ名を選択し、[編集]-[ログイン]をクリックします。    ログインを選択  3.[プロトコル設定]タブをクリックし、一覧から[TCP/IP(プロトコル)]を選択し、    [プロパティ]をクリックします。    TCP/IPプロパティを選択  4.[IPアドレスの取得]欄で[手動設定]を選択し、ご利用のネットワーク環境に    合わせ、IPアドレスサブネットマスクを入力し、[OK]をクリックします。    (入力したIPアドレスはメモを取っておくことをお奨めします。)    ※IPアドレス等の設定例はこちら    IPアドレスを入力  5.「設定を変更します。」とメッセージが表示されたら、[OK]をクリックします。      6.「設定が完了しました。」とメッセージが表示されたら、[OK]をクリックします。      以上で設定は完了です。  TOPへ戻る
● LPV-T1、LPV-TX、LPV-TX1
 1.[スタート]-[(すべての)プログラム]-[LPV ユーティリティ]-[LPVマネージャ]を    クリックします。    LPVマネージャを起動  2.[ネットワーク上のLPV]を選択し、[ログイン]をクリックします。    ログインを選択  3.[使用可能プロトコル]欄の一覧から[TCP/IPプロトコル]を選択し、[プロパティ] を    クリックします。    TCP/IPプロパティを選択  4.[IPアドレスの取得]欄で[手動設定]を選択し、ご利用のネットワーク環境に    合わせ、IPアドレスサブネットマスクを入力し、[OK]をクリックします。    (入力したIPアドレスはメモを取っておくことをお奨めします。)    ※IPアドレス等の設定例はこちら    IPアドレスを入力  5.「設定を変更します。」とメッセージが表示されたら、[OK]をクリックします。      6.「設定が完了しました。」とメッセージが表示されたら、[OK]をクリックします。      以上で設定は完了です。  TOPへ戻る
● LPV-WL11、LPV-WL11G
 1.[スタート]-[(すべての)プログラム]-[MELCO LPVユーティリティ2]-    [LPVマネージャ2]をクリックします。  2.[ネットワーク上のLPV]を選択し、[ログイン]をクリックします。    ログインを選択  3.[使用可能プロトコル]欄の一覧から[TCP/IPプロトコル]を選択し、    [プロパティ]をクリックします。    TCP/IPプロパティを選択  4.[IPアドレスの取得]欄で[手動設定]を選択し、ご利用のネットワーク環境に    合わせ、IPアドレスサブネットマスクを入力し、[OK]をクリックします。    (入力したIPアドレスはメモを取っておくことをお奨めします。)    ※IPアドレス等の設定例はこちら    IPアドレスを入力  5.「設定を変更します。」とメッセージが表示されたら、[OK]をクリックします。      6.「設定が完了しました。」とメッセージが表示されたら、[OK]をクリックします。      以上で設定は完了です。  TOPへ戻る
● LPV2-USB-TX1、LPV2-TX3P、LPV2-TX1、LPV2-T1、LPV2-WS11GC
 1.[スタート]-[(すべての)プログラム]-[MELCO INC]-[LPV2マネージャ]-    [LPV2マネージャ]をクリックします。    LPV2マネージャを起動  2.検索された[LPV2名(ネットワーク上のLPV名)]を選択し、[編集]-    [ログイン]をクリックします。    ログインを選択  3.[プロトコル設定]タブをクリックし、一覧から[TCP/IP(プロトコル)]を    選択し、[プロパティ]をクリックします。    TCP/IPプロパティを選択  4.[IPアドレスの取得]欄で[手動設定]を選択し、ご利用のネットワーク環境に    合わせ、IPアドレスサブネットマスクを入力し、[OK]をクリックします。    (入力したIPアドレスはメモを取っておくことをお勧めします。)   ※IPアドレス等の設定例はこちら   ※LPV2-USB-TX1 の場合、本来設定してはいけない以下IPアドレスを設定すると、    LPV2-USB-TX1 にアクセスできなくなります。ご注意ください。    例) XXX.XXX.XXX.0 (ホストの開始アドレス)       XXX.XXX.XXX.255(ホストの最終アドレス)    IPアドレスを入力  5.「設定を変更します。」とメッセージが表示されたら、[OK]をクリックします。      6.「設定が完了しました。」とメッセージが表示されたら、[OK]をクリックします。      以上で設定は完了です。  TOPへ戻る
● LPV2-WL11G
 1.[スタート]-[(すべての)プログラム]-[MELCO LPV2ユーティリティ]-    [LPV2マネージャ]をクリックします。  2.検索された[LPV2名]を選択し、[編集]-[ログイン]をクリックします。    ログインを選択  3.[プロトコル設定]タブをクリックし、一覧から[TCP/IP(プロトコル)]を    選択し、[プロパティ]をクリックします。    TCP/IPプロパティを選択  4.[IPアドレスの取得]欄で[手動設定]を選択し、ご利用のネットワーク環境に    合わせ、IPアドレスサブネットマスクを入力し、[OK]をクリックします。    (入力したIPアドレスはメモを取っておくことをお奨めします。)   ※IPアドレス等の設定例はこちら    IPアドレスを入力  5.「設定を変更します。」とメッセージが表示されたら、[OK]をクリックします。      6.「設定が完了しました。」とメッセージが表示されたら、[OK]をクリックします。      以上で設定は完了です。  TOPへ戻る
● LPV3-TX1
 1.[スタート]-[(すべての)プログラム]-[BUFFALO]-[LPV3マネージャ]-    [LPV3マネージャ]をクリックします。  2.検索されたプリントサーバ名を選択し、[編集]-[ログイン]をクリックします。  3.[プロトコル設定]タブをクリックし、一覧から[TCP/IP(プロトコル)]を選択し、    [プロパティ]をクリックします。  4.[IPアドレスの取得]欄で[手動設定]を選択し、ご利用のネットワーク環境に    合わせ、IPアドレスサブネットマスクデフォルトゲートウェイを入力し、    [OK]をクリックします。    (入力したIPアドレスはメモを取っておくことをお奨めします。)   ※IPアドレス等の設定例はこちら  5.[OK]をクリックします。  以上で設定は完了です。  TOPへ戻る
● LPV4-TX1
 1.LPV4マネージャーを起動します。    Windows 8 の場合:    「スタート」画面にある[LPV4マネージャー]を選択します。    Windows 7/Vista/XP の場合:    [スタート]-[(すべての)プログラム]-[BUFFALO]-[LPV4マネージャー]-    [LPV4マネージャー]を選択します。  2.検索されたプリントサーバー名を選択し、[設定]-[プリントサーバーの設定]をクリックします。  3.パスワードの入力画面が表示されたら、パスワード入力欄に「password」(出荷時設定の場合)を入力して、    [OK]をクリックします。  4.[TCP/IP]タブをクリックします。  5.「DHCP/BOOTPを使用する」「RARPを使用す」のチェックを外し、ご利用のネットワーク環境に    合わせ、IPアドレスサブネットマスクデフォルトゲートウェイを入力し、    [設定]をクリックします。    (入力したIPアドレスはメモを取っておくことをお奨めします。)    ※IPアドレス等の設定例はこちら      6.「設定内容を本製品に送信します。よろしいですか?」と表示されたら、[OK]をクリックします。  7.「設定の更新が完了しました。本製品を再起動します。よろしいですか?」と表示されたら、[OK]をクリックします。  以上で設定は完了です。  TOPへ戻る
● LPV4-U2-300S
 1.デバイスサーバー設定ツールを表示します。 Windows 8 の場合: 「スタート」画面にある[デバイスサーバー設定ツール]を選択します。 Windows 7/Vista/XP の場合: スタートメニューより、[スタート]-[すべてのプログラム]-[BUFFALO]-[デバイスサーバー] -[デバイスサーバー設定ツール]を選択します。 Mac OSの場合: Dockのデバイスサーバー設定ツールアイコンをクリックします。  2.プリンター複合機を選択して、左下のプロパティボタンをクリックします。  3.[デバイスサーバー情報]をクリックします。  4.設定画面が表示されます。    ユーザー名とパスワードの入力画面が表示されたら、ユーザー名に「admin」、    パスワードに「password」(出荷時設定の場合)を入力します。  5.「ネットワーク設定」-「TCP/IP」を選択します。  6.DHCPをDISABLE(無効)に変更し、IPアドレスサブネットマスクデフォルトゲートウェイを設定して、    [設定更新]をクリックします。    ※IPアドレス等の設定例はこちら  7.「再起動後に新しい設定が有効になります。再起動しますか?」と表示されたら、[OK]をクリックします。  以上で設定は完了です。  TOPへ戻る
【IPアドレス・サブネットマスク・デフォルトゲートウェイ設定例】  無線親機・ルーターのIPアドレスが 192.168.11.1の場合  ・ IPアドレス       192.168.11.30   ・ サブネットマスク    255.255.255.0  ・ デフォルトゲートウェイ 192.168.11.1   IPアドレスの 30 の部分は他の機器と重ならない値にします。 【参考Q&A】TCP/IPでネットワークを構築する場合のIPアドレスの設定規則
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる