ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 921]

AOSSを使用して何台まで無線LAN接続の構成が可能ですか(AOSS対応製品)

  • 公開 2010年8月23日 9時51分
  • 更新 2018年10月16日 15時53分
AOSSを使用して何台まで無線LAN接続の構成が可能ですか(AOSS対応製品)
セキュリティーキー交換が可能な無線パソコンの台数(無線LANアダプタの台数)は
24台です。25台目以降はセキュリティーキー交換が行われないため、AOSSで
無線LAN接続を自動構成することができかねます。

【解説】
 セキュリティーキー交換とは、エアステーション本体と無線パソコン(または
 イーサネットコンバーター。以下、無線パソコンとイーサネット
 コンバーターを両方併せて無線パソコンと略します)がAOSSによる無線LAN接続を
 行う際に、AirStation内部で自動実行される処理の一つです。

 画像1

 1台のAirStationに対して、AOSSで1台の無線パソコンを接続した場合を、
 「1台」とカウントした場合、24台までAOSSを使用して無線LAN接続を確立
 (つまり、セキュリティキー交換)することが可能です。

 25台以上はAOSSの仕様により、セキュリティーキー交換が行われません。
 その結果、AOSSで無線LAN接続を行うことができなくなります。

 画像2

【参考情報】
 無線の暗号化であるWPA(TKIP,AES)を使用した場合に、製品によっては製品
 仕様上、同時に13台以上の接続が行われない機種も存在します。
 本制限はAOSSを使用している・していないに関わらず発生する制限です。

 画像3

 12台まではWPAの暗号化で無線LAN接続が確立しますが、WPAの暗号化が
 設定済みの13台目(以降)の無線パソコンは、全く無線LAN接続は確立しなく
 なります。

 画像4

 AOSS対応機種の中にも、上記のWPAに関する制限を持つ機種が存在します。
 この場合でも、AOSSによるセキュリティーキー交換は24台まで可能です。


【参考FAQ】無線LAN親機の利用人数や接続台数の目安について

表示 : スマートフォンPC

閉じる