ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 922]

インストール中に「インターネット接続共有エラー」「アプリケーションセットアップエラーです。」と表示されます(WLR-UC-G)

  • 公開 2010年8月23日 9時54分
  • 更新 2012年11月22日 10時15分

インストール中に「インターネット接続共有エラー」「アプリケーションセットアップエラーです。」と表示されます(WLR-UC-G)

【説明】
WLR-UC-Gのインストール中に、「インターネット接続共有エラー」と表示され、OKを
クリックすると「アプリケーションセットアップエラーです。」と表示される場合は、
以下の対処方法をご参照ください。

Windows XPでご利用の方はこちら
Windows Vistaでご利用の方はこちら

・「インターネット接続共有エラー」

  Image

・「アプリケーションセットアップエラーです。」

  Image



Windows XPで使用する場合



【対策1】 再インストールを行う(削除して再度インストールを行う)

1.[スタート]-[すべてのプログラム]-[BUFFALO]-[WLR-UC-G]-
  [WLR-UC-Gアンインストール]を選択し、WLR-UC-Gを削除します。

※上記方法でドライバーの削除ができない場合、以下の手順で削除を行ってください。

 1)製品添付のセットアップCD(WLR-UC-G設定CD)をパソコンに挿入します。

 2)画面が起動したら、[オプション]をクリックします。

 3)[CDを参照]をクリックします。

 4)[Tool]-[SoftAP]-[SoftAP]をクリックします。
 
 5)[DEVREMOVE.exe]をダブルクリックします。

  Image

 6)画面に従い、ドライバーの削除を進めます。

3.削除完了後、製品を取り外し、パソコンを再起動します。

4.パソコン起動後、再度製品添付CDをセットしなおし、ドライバーのインストールを行い、
  インストールが完了するか確認します。

以上で設定は完了です。上記手順でも「インターネット接続共有エラー」が表示され、
インストールが完了しない場合、エラー画面を[OK]で閉じ、【対策2】を行ってください。


【対策2】 OSの共有設定を変更する

1.インターネットに接続できることを確認します。

 ※インターネットに接続できない場合は、ご利用のプロバイダーにお問い合せください。

2.WLR-UC-Gをパソコンにとりつけます。

3. [スタート]-[コントロールパネル]-([パフォーマンスとメンテナンス]-)
  [システム]と選択します。
  「ハードウェア」タブをクリックし、[デバイスマネージャ]ボタンをクリックします。

4.ネットワークアダプタ内に「BUFFALO WLR-UC-G Wirelss LAN Access Point」が
  表示されていることを確認します。確認後、画面を閉じます。

  Image

 ※表示されていない場合は、パソコンにWLR-UC-Gがとりつけられているか確認します。

 ※使用する有線アダプターとWLR-UC-G以外は無効にしてください。無効にする項目を
  右クリックし、[無効]をクリックすることで無効にできます。

5.[スタート]-[コントロールパネル]-([ネットワークとインターネット接続]-)
  [ネットワーク接続]と選択します。

6.「ローカルエリア接続」の他に、「ローカルエリア接続*」(*は数字)が表示されて
  いることを確認します。

  Image

7.「ローカルエリア接続」を右クリックして「プロパティ」を選択します。

 ※注意 
  上記の手順で確認した「ローカルエリア接続*」(*は数字)ではなく、
  「ローカルエリア接続」のプロパティ画面を表示させます。


  Image

8.「詳細設定」タブをクリックし、「インターネット接続の共有」欄の
  「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピュータのインターネット接続を
  とおしての接続を許可する」のチェックをはずし、[OK]をクリックします。
 
 チェックがついていない場合は、一旦チェックを入れ、[OK]をクリックします。
  再度、同じ手順で画面を表示させてチェックをはずし、[OK]をクリックします。

  Image

重要

この手順をおこなっても正常にインストールできない場合、「QoSパケットスケジューラ」を
アンインストールして改善する場合があります。
アンインストール方法は、以下をご参照ください。

※「QoSパケットスケジューラ」をアンインストールする方法はこちら

TOPへ戻る



Windows Vistaで使用する場合



【対策1】 再インストールを行う(削除して再度インストールを行う)

1.[スタート]-[すべてのプログラム]-[BUFFALO]-[WLR-UC-G]-
  [WLR-UC-Gアンインストール]を選択し、WLR-UC-Gを削除します。

※上記方法でドライバーの削除ができない場合、以下の手順で削除を行ってください。

 1)製品添付のセットアップCD(WLR-UC-G設定CD)をパソコンに挿入します。

 2)画面が起動したら、[オプション]をクリックします。

 3)[CDを参照]をクリックします。

 4)[Tool]-[SoftAP]-[SoftAP]をクリックします。
 
 5)[DEVREMOVE.exe]をダブルクリックします。

  Image

 6)画面に従い、ドライバーの削除を進めます。

3.削除完了後、製品を取り外し、パソコンを再起動します。

4.パソコン起動後、再度製品添付CDをセットしなおし、ドライバーのインストールを行い、
  インストールが完了するか確認します。

以上で設定は完了です。上記手順でも「インターネット接続共有エラー」が表示され、
インストールが完了しない場合、エラー画面を[OK]で閉じ、【対策2】を行ってください。


【対策2】 OSの共有設定を変更する

1.インターネットに接続できることを確認します。

 ※インターネットに接続できない場合は、ご利用のプロバイダーにお問い合せください。

2.WLR-UC-Gをパソコンにとりつけます。

3.[スタート]-[コンピュータ]右クリックし-[管理]をクリックします。
  [デバイスマネージャ]をクリックします。

4.ネットワークアダプタ内に「BUFFALO WLR-UC-G Wirelss LAN Access Point」が
  表示されていることを確認します。確認後、画面を閉じます。

  Image

 ※表示されていない場合は、パソコンにWLR-UC-Gがとりつけられているか確認します。

 ※使用する有線アダプターとWLR-UC-G以外は無効にしてください。無効にする項目を
  右クリックし、[無効]をクリックすることで無効にできます。

5.[スタート]-[コントロールパネル]-[ネットワークの状態とタスクの表示]
  -[ネットワーク接続の管理]を選択します。

6.「ローカルエリア接続」の他に、「ローカルエリア接続*」(*は数字)が
  表示されていることを確認します。

  Image

7.「ローカルエリア接続」を右クリックして「プロパティ」を選択します。

 ※注意 
  上記の手順で確認した「ローカルエリア接続*」(*は数字)ではなく、
  「ローカルエリア接続」のプロパティ画面を表示させます。


  Image

8.「共有」タブをクリックし、「インターネット接続の共有」欄の
  「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピュータのインターネット接続を
  とおしての接続を許可する」のチェックをはずし、[OK]をクリックします。
 
  チェックがついていない場合は、一旦チェックを入れ、[OK]をクリックします。
  再度、同じ手順で画面を表示させてチェックをはずし、[OK]をクリックします。

  Image

以上で設定は完了です。

重要

この手順をおこなっても正常にインストールできない場合、「QoSパケットスケジューラ」を
アンインストールして改善する場合があります。
アンインストール方法は、以下をご参照ください。

※「QoSパケットスケジューラ」をアンインストールする方法はこちら

TOPへ戻る

  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる