ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 9743]

BS-POE-2008MRの設定を保存/復元する方法

  • 公開 2011年2月15日 15時1分
  • 更新 2013年1月21日 13時32分

BS-POE-2008MRの設定を保存/復元する方法

 

本製品の設定を保存/復元する場合は、"TFTPサーバーソフトウェア"が必要となります。
ソフトウェアは、予めお客様にてご用意をお願いいたします。

 

 

  1. TFTPサーバソフトウェアで、設定ファイルの保存先(復元元)を設定します。*1
    設定されたフォルダ内で、クライアントからのファイルの保存/復元が行われます。
  2. 製品の設定画面を表示します。
    設定画面を表示する方法はこちらをクリックして下さい。
  3. [管理]-[設定のバックアップ/復元]をクリックします。
    Image


    ■設定保存をおこなう場合
    以下を入力し、[バックアップ]をクリックします。
    [バックアップ]をクリックするとTFTPサーバーソフトで指定したフォルダへ設定ファイルが保存されます。

    TFTP Server IP:TFTPサーバーソフトを起動しているPCのIPアドレス
    ConfigFileName:保存する設定ファイル名
    Image

    ■設定復元をおこなう場合
    以下を入力し、[復元]をクリックします。
    [復元ボタン]を押すとTFTPサーバーから指定ファイルを探し、設定ファイルの復元を行います。

    TFTP Server IP : TFTPサーバーソフトを起動しているPCのIPアドレス
    ConfigFileName : 保存した設定ファイル名
    Image

    以上で手順は完了です。

    *1 ご利用されるTFTPソフトウェアにより設定が異なりますが、多くのTFTPソフトウェアは使用フォルダの設定のみで利用可能となります。ソフトウェアの詳細な設定方法につきましては、ソフトウェアのメーカーまでお問い合わせをお願いいたします。
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる