ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 9939]

NAS設定保存・復元ツールで設定の保存ができません

  • 公開 2011年2月18日 15時25分
  • 更新 2011年5月27日 15時34分

NAS設定保存・復元ツールで設定の保存ができません

原因1.NAS設定保存・復元ツールがパソコン側に保存データ作成中の中間データの書込、データ自体の書き込みをブロック等されています。
対策1.セキュリティソフトのアプリケーション制御機能で、設定保存・復元ツールを許可の設定にします。


本操作は、管理者権限のユーザアカウントで操作を行ってください。



原因2.ファームウェア/ソフトウェアのバージョンが古い状態です。
対策2.ファームウェア/設定保存・復元ツールのアップデートをしてください。



  • TS-Xシリーズ ファームウェア アップデータ (TS-Xシリーズ共用)はこちらをクリックしてください。
  • NAS設定保存・復元ツールはこちらをクリックしてください。

上記の手順を実行しても改善されない場合、設定情報部分のファームアップが破損している可能性があります。
データをバックアップした後に、製品の完全初期化を実行してください。

工場出荷時の初期状態に戻す方法は、以下の通りです。
  1. 完全初期化後、設定画面を起動します。
  2. [システム]-[初期化]-[ディスク完全フォーマット]-[TeraStationのディスクの完全フォーマットを実行]をクリック
  3. [システム]-[ディスク]-[ディスクフォーマット]を実行してください。

    以上で、工場出荷状態に戻すことができます。
    ※データは工場出荷初期の状態になります。
    ※この作業には長時間かかります。
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる